クレジットカード現金化がカード会社に発覚するとどうなりますか?

クレジットカード現金化についニッコリへのアクセス感謝します。ご覧のウェブサイトは、クレジットカード現金化のことを納得いくまで理解したいと感じているご利用者様の為のデータ盛りだくさんです!クレジットカード現金化専門解説書なら絶対にご利用者様の問いかけを克服してくれるよ! - クレジットカード現金化がカード会社に発覚するとどうなりますか?

クレジットカード現金化がカード会社に発覚するとどうなりますか?

クレジットカード現金化業者を利用するにはショッピング枠の残高があるクレジットカードが必要です。
多くの現金化業者でインターネットでお申し込みすると即日口座に振込するサービスを提供しており、急いでいる時は便利ではありますがカード会社に発覚すると大変です。

お支払いが終わるまで商品の所有権はカード会社に

通常クレジットカードのショッピング枠で商品を購入すると、ショップにお支払いする代金はカード会社が立て替え払いしています。
カード会員はショップではなくカード会社にお支払いする仕組みになっています。
1回払い分割払いリボ払いなどいろいろな支払方法から選ぶ事が可能です。
これは現金化業者を利用しても同じです。
カード会員のお支払いが終わるまでその商品の所有権はカード会社にあります。
自分に所有権の無い商品を他の者に勝手に転売する事はできないです。
1回払いすれば良いのではと思われるでしょうが、消費者金融からも借りらずお金に困っている人がクレジットカード現金化に手を出していると言った関係上、1回払いは難しいのが現状です。

発覚するとカード利用停止に

カード会社では会員規約で換金目的のクレジットカードの利用を禁じています。
それは換金目的でクレジットカードを利用する者はお金に困っているため、滞納リスクが高くなるからです。
カード会社は催促してもカード会員が応じない場合、最終的には強制執行をかけて回収しようとしてきます。
強制執行は給与や預貯金の差し押さえですが、必ず回収できると言う保証は無いです。
手間も掛かるために換金目的の利用を禁じていますが、もしカード会社にクレジットカード現金化の利用が発覚してしまうとこのような理由から利用停止と言った処分を下す事が多くなっています。
カード会社がカード会員の履歴を見て不審に感じた時は電話をかけて確認してきます
この時に発覚すると利用停止となりますが、連絡せずにいきなり利用停止になる事もあります。

利用停止になるリスクを冒してまでクレジットカード現金化を利用してもあまり意味が無いです。
返済しきれない借金を抱えてしまっている場合はクレジットカード現金化を考えるより債務整理を考えたほうが良いでしょう。

関係者がビックリしたクレジットカード現金化!TOPへ