クレジットカード現金化を利用して逮捕された者は居ますか?

クレジットカード現金化についニッコリへのアクセス感謝します。ご覧のウェブサイトは、クレジットカード現金化のことを納得いくまで理解したいと感じているご利用者様の為のデータ盛りだくさんです!クレジットカード現金化専門解説書なら絶対にご利用者様の問いかけを克服してくれるよ! - クレジットカード現金化を利用して逮捕された者は居ますか?

クレジットカード現金化を利用して逮捕された者は居ますか?

クレジットカード現金化の利用はカード会社からは嫌われており、バレてしまうとカード利用停止や会員資格はく奪などの処分が下される事があります。
しかしカード会社の規約では禁止されているものの、特に法律的に禁止されているわけでは無いです。
顧客が逮捕されたと言う例も過去にはありませんが、クレジットカード現金化業者によっては注意が必要です

買取型は横領罪に該当する事が

買取方式のクレジットカード現金化業者では顧客がクレジットカードで購入した商品を買い取ると言う形で現金化しています。
換金率分の現金で買取し、他の顧客に転売し利益を得ています。
しかしクレジットカードで購入した商品はその支払が終わるまで所有権はカード会社にあります。
所有権の無い商品を転売する事は禁じられており、もしこのような行為を行うと横領罪に該当する恐れがあるのです。
刑法の第252条に横領した者は5年以下の懲役と言う言葉があります。
刑法の第38条には故意でなかった場合は罰しない、または刑を軽減できるとありますが、消費者庁や国民生活センターなどでクレジットカード現金化の注意喚起があったり、カード会社の規約に書いてあるため故意じゃないと言っても通用しない可能性があります。
買取方式のクレジットカード現金化業者を利用した者が逮捕されたと言う例は無いと言われていますが、これから先は分かりませんので注意が必要です

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者が逮捕された事が

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者の場合、キャッシュバック付の商品を購入しその特典として口座にキャッシュバックすると言う形で現金化しています。
キャッシュバック付とは言ってもビー玉などあまり価値のない商品です
このキャッシュバック方式では購入した商品が手元に残りますので、所有権の無い商品を転売した形にはならないです。
そのため横領罪に該当する可能性は低いですが、過去にキャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者が逮捕された事があります。
通常は85%ほどの換金率ですが、逮捕されたクレジットカード現金化業者では異常に低い換金率で顧客に現金化を行っていました。
利息に直すと法定外となるため、警察はこのクレジットカード現金化業者は闇金であると判断し逮捕したと言われています。

最後に

このような悪質なクレジットカード現金化業者を利用してしまうと、逮捕される心配は無いものの大幅に損してしまいます。
長く営業しているクレジットカード現金化業者は換金率も相場通り、トラブルの心配なく利用できる事が多いです。
会社概要でいつ設立された会社なのかチェックしてみて下さい

関係者がビックリしたクレジットカード現金化!TOPへ